Photo Gallery オホーツクの四季
 
 
山本勝栄(やまもと・かつえ)

●山本勝栄(やまもと・かつえ)

オホーツクフォトグラファーメンバーズ事務局長
北の写真家集団DANNP会員

昭和33年2月21日生まれ。
大空町在住。
東オホーツクの自然・動植物・風土など身近な被写体を題材に撮影活動を続ける。

東オホーツクは、海・山・湖・川・農村景観・流氷と北海道のすべてが凝縮された地域で、四季彩が豊かで気象条件にも変化がありますから撮りつくせないほどに魅力的です。撮影会も企画してますので、お気軽に問い合わせ下さい。
【連絡先】090-20581565(山本)

バックナンバー

Vol.1 初夏を告げるタンポポ絨毯 他

Vol.2 断崖の花畑 他

Vol.3 雨宿り 他

Vol.4 サクラマスの故郷神の子池 他

Vol.5 一夜限りの月舞台…

Vol.6 晩秋の桜 他

Vol.7 名残の紅葉 他

Vol.8 初日の出を浴びて 他

Vol.9 流氷原に浮かぶ満月 他

Vol.10 青サギたちの里帰り 他

Vol.11 貴重な春の朝食 他

Vol.12 桜日和 他

Vol.13 知床連山からの朝焼け 他

Vol.14 ひまわりの滑走路 他

Vol.15 ころころ麦ロール 他

Vol.16 故郷をめざして 他

Vol.17 晩秋のコスモス 他

Vol.18 森作りをするエゾリス 他

Vol.19 夕景飛行(白鳥) 他

Vol.20 雪衣装〜藻琴山 他

Vol.21 気球散歩 他

Vol.22 名残惜しい雪原の影 他

Vol.23 夕陽に映える柳の花 他

貴重なひととき 写真・文/山本勝栄(オホーツクフォトフラファーメンバーズ)
前の写真を見る 次の写真を見る

晩秋の桜 〜 女満別神社境内

 初霜も降りて、つい最近まで残暑が・・・と言っていたのもつかの間、もう冬に向かって加速しています。この時期になると、ちゃんと流氷が来るのか気になり始める頃でもあります。今年の紅葉も、最近の傾向で9月が暖かいので紅葉する葉が乾いて紅葉前にすでに水分不足で枯れる寸前になってしまうので、きれいな紅葉が年々見られなくなって来ています。今年こそは綺麗な紅葉を!と張り切って出かけているのですが、なかなか思うような紅葉にはなってくれません。
 そこで身近な場所で綺麗な紅葉を探しに神社に出向くと、春に見事な花を咲かせ境内一面に桜吹雪を見舞わせた桜が冷気で赤く染まった葉が赤い絨毯として敷き詰まっていました。落葉した葉はすぐに秋の乾燥した空気で枯れてしまうのですが、この日は朝から冷たい雨で落葉した桜の葉はしばらくしっとりとした潤いのある赤色でした。私は、植物を撮影するときは雨やうす曇り、朝靄の時をめがけて行きます。晴天であることが逆に太陽光の反射がきつくて、植物本来の色が失われてしまうことがあるからです。雨降りの時の方が水滴も効果的に使うことができますからより印象的な作品づくりができるものです。雨の日、お家に閉じこもっていないで、そんな時こそ晴れの日とは違った写真を楽しめると思います。

冬眠に備えて(エゾシマリス)〜 藻琴山

 秋の木の実も少なくなり、せっせと冬眠準備に餌をかき集めにエゾシマリスが忙しく走り回っています。ほっぺいっぱいに餌を頬張り秋の陽気を浴びて、ついうっとりしてしまいそう。最近、エゾシマリスは天敵クロテンが増えて、数が少なくなっています。前までは、足元にじゃれまわるほど沢山見られたのですが・・・自然界は弱肉強食・・それでバランスが保たれているのですから・・・このあたりに生息するリスは冬眠するエゾシマリスと冬眠しない少し大きめでグレーのエゾリス。どちらも木の実などを主食としていますが、豊かな森を保つにはリスの協力が不可欠です。どちらのリスも餌の無くなる冬をめがけて木の実などを地中に埋める習性があり、彼らはすべての餌の隠し場所を探せないために、探し忘れた木の実から新たな森が生まれてきます。リスが棲んでいることが、森の豊かさを示すバロメーターのような気がします。
 動物も棲めないところは、基本的に自然環境が悪いところとも言えます。私たち人間も自然から綺麗な空気・水をいただいて生きているのです。動物が棲めない場所をつくるのも人間・作らないのも人間、「自然との共生」簡単な用語ですが、とても重たい言葉だと思います。また、来年5月にエゾシマリスに会えるのを楽しみにしています。

 
CoCoCity