時には数十トンもの水が溜まることさえあります。
しかし多くの場合それに気付かず被害が起こってみて初めて気付くことも少なくありません。
屋上防水は、水を溜めると傷みが早く、防水層の寿命を極端に短くし、建物の寿命にも
大きい影響を与えます。このような問題をスイパーは確実に解決しています。
 
 
 
ルーフドレンの目詰まり防止装置(スイパー)の働き
長い間防水層については改良が加えられてきましたが、ルーフドレンについては、
掃除をすることが大切である、と言われ続けてきただけでした。
しかし、実際には点検が難しく、今年(平成16年)3月に屋上点検やスイパー
取り付け依頼を受けた物件のうち5件が200mm以上の水が溜まったためであり
そのうち1件は「780mの屋上に200mm位の水が溜まりさざなみがたって
いて驚いた」との報告を受けています。この5件のうち3件は、溜まった水に
よる凍害によって防水層が剥がれ、中の合成繊維のフェルトが露出したり、
割れたりしていました。点検依頼された物件以外にも雪解け水が溜まり、
すが漏りしている物件を数件見ています。
ドレンの目詰まりと、屋上に水が溜まる事例は、思ったより多いのですが
あまり知られていないのが現状です。
 
  風の力でドレイン掃除、取り付けるだけで維持費はかかりません。
開発のキッカケは、公営住宅の雨漏りを防止し、屋上に
水をためずに管理費・修繕費を節約するためでした。
 
CopyrightO・N Kogyo. All RIghts Reserved.