スイパーの働き
Q&A

Q1冬雪が積もると働かなく
 なりませんか?
 スイパーは雪の降る直前
 まで働いています。雪が
 ある時期は、水はありませ
 んのでゴミも詰まりません。
 春先、雪が融けると同時に
 働きだしますので積雪地帯
 の北海道でも十分機能を
 発揮します。
 
Q2冬には取り外さなくては
 ならないのですか?
 Q1で述べたとおり冬は
 働きませんが、取り付けた
 まま
で雪が融けると再び
 働き出しますので外さ
 なくても心配いりません。
 
Q3すりへって すぐに役に
 立たなくなりませんか?
 現在もっとも早く取り
 付けたもので、11年が
 経過していますが、ワイ
 ヤーブラシが1〜2ミリ
 程度しか減っていません。
 他に大きく減る部分は
 ありませんので、現時点
 で10年間は支障が無く
 働いています。

Q4回転音がうるさくあり
 ませんか?
 摩擦する部分に音が
 出ないよう工夫をして
 してあります。
 
Q5錆びて働かなくなる
 なることはありませんか?
 素材は全てステンレス
 SUS-304を使用していま
 すので心配はありません。
カラスの水浴びの水しぶきがあがって
発見されたが、管理者が上れなかった。
後にスイパーを取り付け。

ドレンに水を溜めたための雨漏り
林の中に建つビルに取り付けたスイパー
都会に建つビルに取り付けたスイパー

Q6どれくらいの風で回り
 ますか?
 ワイヤーブラシがドレンの
  中目皿に軽く触れる状態で、
  初動のときの風速は3,0〜3,5
   m/secです。一度回転し始め
   ると2,0〜2,8m/secでも回り
  続けます。

Q7ドレンに詰まる砂でも除去
 できますか?
 ドレンに最初に詰まるのは
 木の葉や鳥の羽根のような
 ものです。
 それに砂がかぶさって水が
 抜けなくなります。
 最初に溜まる木の葉などの
 大きいゴミを動かせば砂は
 溜まらなくなり、水溜まり
 ができません。
 
Q8雪の重さで潰れませんか?
 スイパーの標準タイプで
 積雪150cm未満までは
 ガードがありますので潰れ
 ません。それ以上の積雪の
 場合には、豪雪地用として
 5トンのプレスにも耐える
 タイプもあります。

Q9ストレーナーが2重の
 ドレンの場合、上ストレーナー
 にゴミは詰まりませんか?
 2重ストレーナーの
 ドレンの場合、中目皿を
 掃除すれば上ストレーナー
 スイパーを取り付けること
 によってドレン周りが
 いつも乾燥していますので
 風によってドレン周りは
 いつもきれいです。